2015年3月27日一般公開再開 世界文化遺産・姫路城

2015年3月—
約5年にわたる保存修理工事を終え、いっそう輝きを増した世界文化遺産・姫路城の一般公開が再開。日本屈指の名城を訪ねてみましょう♪

兵庫県|特集

姫路城

ひめじじょう

住所 兵庫県姫路市本町68番地
電話 079-285-114603-3546-0111
営業時間 9:00~16:00(閉門は17:00)
※季節により開場時間が延長となります。
休館日 12月29日・30日
料金 大人(18歳以上)1,000円
小人(高校生まで)300円
未就学児無料
※団体割引あり
アクセス JR姫路駅から徒歩約15分
5年にわたる修理工事を終えていっそう輝きを増した世界文化遺産・姫路城
姫路城城内マップ

2015年3月27日姫路城グランドオープン

5年にわたる改修工事を終え姫路城が蘇ります。築城から400年一度も戦火に見舞われることなく、当時の姿が今に残る姫路城は平成5年、日本で初めてユネスコ世界文化遺産に登録されました。真っ白で美しい天守閣群をはじめ、独特の建築構造など城全体が良い状態で保存されています。

保存修理を終えた大天守

「平成の大修理」を経て築城当時の姿に戻った大天守は5重7階建てで最上階からは市内が一望できます。昭和39年に完了した解体復元工事から45年が過ぎ、漆喰壁をはじめ上層部の軒やひさしに傷みや汚れが激しくなってきたため、本格的な修理を行ってきました。白く輝く姫路城をぜひご覧ください。

漆喰の白があざやか大天守
官兵衛が築いたといわれる石垣

黒田官兵衛が築いた石垣

2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」で話題になった黒田官兵衛は軍師としての才能のみならず、城造りにおいても名手と言われていました。現在の姫路城にも秀吉が三層の天守を持つ姫路城を築いた際、築城責任者に命じられた官兵衛が築いたとされる野面積みの石垣が上山里下段、菱の門東側などに残されています。

大天守の他にも見どころたっぷり!

門全体に安土桃山時代の様式が残されている城内で最も大きな門「菱の門」や徳川の安泰が確かなものとなった頃に本多忠政が嫡男・忠刻と千姫がのどかに過ごすために築いた広場「西の丸」など、城内には見どころもたっぷり。「西の丸」は城内有数の撮影スポットです!

城内で最も大きな門 菱の門
城内有数の撮影スポット西の丸

城内の見学に新しい楽しみ方が登場

2015年3月27日の姫路城グランドオープンに併せて城内の見学に新しい楽しみ方が登場します! お持ちのタブレット端末やスマートフォンに専用のアプリをダウンロードして城内のポイントでかざすとAR技術(※1)を活用して、今では現存しない建造物の復元CGや城兵の様子の再現映像、城内にある防御の仕組みの解説などをお楽しみいただけます。 (※1)AR…Augmented Reality(拡張現実)

ARで楽しく見学

ACCESSアクセス情報

名称 姫路城(ひめじじょう)
住所

兵庫県姫路市本町68番地

 
姫路の旅メモ
世界文化遺産 国宝 姫路城
姫路城の混雑状況が確認できます♪
たびすきマーケット
たびすきマーケット
たびすきstyle vol.005 北陸(石川・富山)特集
たびすきstyle vol.004 軽井沢特集
たびすきstyle vol.003 日光・鬼怒川・那須特集
たびすきstyle vol.002 福島特集
たびすきstyle vol.001 伊勢特集
Page Top