北陸特集 北陸新幹線 開業

2015年3月14日、北陸新幹線(長野~金沢間)が開業しました!
開業日の金沢駅は多くの人で賑わっていましたよ♪首都圏から北陸への旅が便利になりましたね。

2015年3月14日、北陸新幹線の長野~金沢間が開業しました!
たびすきスタッフが開業日にさっそく新幹線に乗って金沢へ行ってきました。東京から金沢へは最速2時間28分。今まで新幹線と在来線特急と乗り継いで4時間近くもかかっていたことを考えると、遊びに行くにも、仕事で行くにも、時間が有効に使えるうえに乗換がないのでとっても楽チンですよね♪

北陸新幹線に乗ってきました♪

開業日の金沢駅はすごいことに…

開業日の3月14日。指定席が発売後20秒で完売したといわれた1番列車(東京6:16発/かがやき501号)はさすがに乗車できませんでしたので、東京8:36発/かがやき505号に乗って金沢へと向かいました。「かがやき505号」が出発する時間は、1番列車が出発してから2時間近くたった時間にもかかわらず、ホームは乗車するお客さんの列、メディア関係の人、鉄道ファンなど多くの人がいてかなり混雑していましたが、定刻に東京駅を出発。このあたりはさすがJR、などと感心していました。
今回乗車した「かがやき」は、北陸新幹線のなかでも最も停車駅が少なく、東京~富山を約2時間10分、東京~金沢を約2時間30分で結びます。「かがやき」の東京~金沢間の停車駅は上野、大宮、長野、富山の4駅だけです。
途中、車窓からは立山連峰を望むことができます。天気が良ければすごくきれいに見えるかもしれませんね。立山連峰の眺めを楽しみたい方は、座席は「E席」(2人掛けの窓側)をお取りすることをおすすめします。ちなみに、A席(3人掛けの窓側)に座ると日本海の眺めを楽しむことができますよ♪

北陸新幹線車内と車窓からみる立山連峰

あっという間に終点・金沢駅に到着。金沢駅のホームも多くの人でごった返していて、列車から降りるのにも一苦労でした。金沢駅の新幹線用コンコースとホームは今までの金沢駅に併設して新しく作られ、総工費は10億円らしいです。新幹線ホームにある60本の柱上部には金沢の象徴「金箔」が貼られており、その数は11センチ四方の金箔で約2万枚!。金箔の国内生産量の99%を誇る金沢ならではの豪華なホームですね♪
そんなホームを見ながら改札口に進むと、コンコースにはすごい数の人が…。新幹線が開通したからといってもちょっと騒ぎすぎなのでは…と思ったのですが、よくよく考えてみると今まで新幹線が走っていなかった地域に新幹線が走るということは、地元の人たちにとってはとんでもない大ニュースであることは間違いないことですよね♪ 改札口を出たところでも「ようこそ石川・金沢へ」の歓迎ボードでお出迎えされていました。

金箔が貼られた柱が並ぶ金沢駅 新幹線コンコースは大混雑

金沢駅は「世界で最も美しい駅14選」に日本で唯一選出されている駅なのをご存じですか?
アメリカのTravel&Leisure(トラベルアンドレジャー)のWEB版がおこなった調査で、ベルギー・アントワープ中央駅、イギリス・セントパンクラス駅、フランス・パリ北駅など、世界の名だたる美しい駅とともに選出されているのです。新幹線で金沢に到着したら、まず駅の観光&記念撮影をお忘れなく!

世界で最も美しい駅のひとつに日本から唯一選ばれた金沢駅

「ちょっと金沢まで行ってくるね」という感覚で東京から行ける

今まで時間がかかりすぎたからなのか、東京から2時間30分で行けるというのが「ものすごく近くなった」と感じてしまいます。これなら東京から気軽に行ける場所かもしれません。
今回、たびすきスタッフは東京駅を8:36に出発し、金沢駅には11:10到着。帰りは金沢駅18:51発(東京駅21:19着)の新幹線だったので、滞在時間は7時間40分。金沢市内の主要な見どころは金沢駅周辺に集まっているので、この滞在時間でも十分に金沢を満喫できるかもしれません。もちろん1泊すればもっとゆっくりと観て回ることができるし、他の地域(能登半島や加賀温泉郷、富山など)とあわせた観光も楽しめます。新幹線を利用することで時間に余裕ができるので、旅行の計画もいろいろと幅が広がりますね♪

たびすきスタッフが今回挑戦した日帰りは「金沢・人気スポットめぐり」。市内周遊バスの1日フリー乗車券を購入して、まず金沢駅(東口)から市内周遊バスで向かったのは「近江町市場」。ここの名物「海鮮丼」をお昼ごはんに…、と思っていたのですがちょっと考えが甘かった。ちょうど昼食時だったのと新幹線効果のためか、ここもとんでもなく多くの人で賑わっていて、どこの食堂にも海鮮丼目当てと思われる人たちの長い列が…。かなり時間がかかりそうだったので今回は断念してしまいました…。
続いて向かったのは、古い町並みが人気の「ひがし茶屋街」。江戸時代からの雰囲気を残す建物が軒を連ねていて、現在はカフェやおみやげ屋になっています。お店の人たちの中には和服姿の人もいて、「金沢らしさ」を感じる場所のひとつかもしれません。金箔を使った雑貨やアクセサリーもあるので、おみやげ選びも楽しめますよ♪

近江町市場でぜひ食べたい海鮮丼とひがし茶屋街

次に訪れたのは、〝ザ・金沢〟ともいえる定番スポット「兼六園」。やっぱりここも人が多い!
でも、園内は広いので、なんかのんびりと観て回ることができました。兼六園名物のひとつ、冬季限定の雪吊りは例年3月中旬頃から取り外し作業がはじまるので、この光景はそろそろ見納めです。有名な「根上松」をはじめ、園内は立派な松の木がいっぱいです。これから桜の季節をむかえますが、今年は新幹線効果で一体どれほどの人が訪れることやら…。園内にはお茶が飲める休憩処もあり、のんびりとした時間を過ごせます。

金沢といえばやっぱり兼六園

金沢の繁華街・片町/香林坊地区の西側にある武家屋敷跡。藩政時代に加賀藩の上・中級武士が暮らしていたところで、細い路地や土塀は往時の姿が今も残っています。このエリアで唯一、一般公開されているのが「野村家」。加賀藩のお抱え絵師による襖絵が最大の見どころです。レストランの格付けで有名なミシュランガイドの観光地版「ミシュラン・グリーンガイド」では、2つ星の評価を受けており、外国人にも人気のスポットになっています。
今回は、金沢駅の見学や駅コンコースでおこなわれていた歓迎イベントを見ていたため時間がなくなってしまいましたが、通常の観光であれば、あと一か所(21世紀美術館など)を訪れることもできるかもしれませんね♪

 

金沢駅には2014年7月にリニューアルされた「金沢百番街」というショッピングゾーンがあります。金沢をはじめ、石川県、北陸の銘菓、海産物など、約80のお店が並んでおり、新幹線の乗車前にここでおみやげをまとめて買っちゃう、ということもできてしまうのでは?思える充実の品揃えです。今回のたびすきスタッフもここでおみやげを買って帰りました♪
買って帰ったおみやげは「YUKIZURI」。石川県出身で世界的に活躍されているパティシエ・辻口博啓氏が手がけたお菓子です。金沢らしく金箔を振り掛けた限定品も販売されていますよ♪
»「YUKIZURI」は「たびすきマーケット」でも購入できます♪ 商品ページを見る

おみやげ選びに便利な金沢百番街
北陸の旅メモ
北陸新幹線 金沢へ
2015年春 北陸新幹線 金沢へ♪
北陸新幹線 富山へ
2015年春 北陸新幹線 富山へ♪
たびすきマーケット
たびすきマーケット
たびすきstyle vol.001 伊勢特集
たびすきstyle vol.002 福島特集
たびすきstyle vol.003 日光・鬼怒川・那須特集
使った人だけ得をする! トクトククーポン

 

Page Top