世界遺産・小笠原諸島

東京から約1,000kmにある亜熱帯諸島・小笠原。
固有種あふれる絶海の楽園へ行ってみませんか?

母島

ははじま

住所 東京都小笠原村母島字元地
(小笠原役場母島支所)
電話 04998-3-2111
(小笠原役場母島支所)

母島とはどんなところ?

父島から母島へは南に約50km、定期船「ははじま丸」で約2時間10分で行くことができます。南北13kmほどの細長い島には約450人が生活しています。1月1日には海開きが行われ、島民も観光客も一緒になって初日の出登山・初泳ぎ・小笠原太鼓初打ち・南洋踊り・鏡開き・ウミガメの放流・ラム酒の試飲等が楽しめます。

めずらしいロース石の資料

ロース石で作られた郷土資料館には、母島の歴史を学べる貴重な資料が沢山展示されています。昔の民部、漁具、大鍋など戦前の母島を知ることのできる母島唯一の資料館。ははじま丸の発着する港から10分ほどで行くことができるので、時間が少しあるときに寄ってみましょう。
母島に来たなら立ち寄りたいスポットです♥

クジラが見られるかも!?

「ははじま丸」が着く港から5分で行くことができ、とても眺めの良い鮫ヶ崎展望台。ここから平島や向島といった属島が一望できるほか、シーズンにはザトウクジラを観察することもできます。母島へ到着したら、旅の最初の観光スポットとして、こちらの展望台への散策をおすすめします♪



日本の“ふるさと富士”の中で最南端の場所

母島の最南端にある小富士。毎年、日本で一番早い初日の出を拝むために人々が訪れる場所でもあります。比較的起伏の少ない歩きやすい遊歩道が整備されているので、ハイキング気分で向かうことができます。登頂前に観光協会に申し込むと、小富士の登頂記念証(300円)を発行してもらえます。



ACCESSアクセス情報

名称 母島(ははじま)
住所

東京都小笠原村母島字元地(小笠原役場母島支所)

 
アクセス 父島より定期船で2時間10分
東京の旅メモ
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
銀座でのお泊りは「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」
たびすきマーケット
たびすきマーケット
たびすきstyle vol.005 北陸(石川・富山)特集
たびすきstyle vol.004 軽井沢特集
たびすきstyle vol.003 日光・鬼怒川・那須特集
たびすきstyle vol.002 福島特集
たびすきstyle vol.001 伊勢特集
Page Top